AHAやサリチル酸で古い角質をはがす

背中にきびに効果のある療法のひとつに、ケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングは、薬剤を皮膚に塗布して古い角質を強制的にはがすものです。
「強制的にはがす」
というと、少し怖いように思えますが、まったくそのようなものではありません。

 

薬剤はAHAやサリチル酸などが使われます。にきびの原因のひとつとして、ターンオーバーの異常があります。いらない溜まった角質をはがすことによってお肌のターンオーバーを正常化させるというものなのです。出て行くものを強制的にはがすことで、新しいものを産生させよう、というような原理なのです。角質をはがすだけでなく、細胞の連結を緩める働きもあるので、その後自然な角質の剥離も望むことができます。

 

ピーリング剤にもいろいろなものがあります。よく使われるのは、AHA(アルファヒドロキシ酸)です。俗フルーツ酸と呼ばれ、

  • グリコール酸
  • 乳酸
  • クエン酸
  • リンゴ酸

などがあります。あくまで効果があるのは表皮までです。症状に応じて濃度を変えて施術をします。

 

サリチル酸は、効果はグリコール酸などと変わりはないのですが、より炎症をおこしにくいピーリング剤です。もともと炎症があるようなにきびに対し、優しく治療をすることができますし、赤味を静める効果もあるので赤いにきびを早く治すことが可能です。

 

ピーリングエステティックサロンや皮膚科、美容皮膚科で受けることができます。その違いはというと、濃度のレベルです。

 

皮膚科の場合はドクター仕様なので、エステティックサロンに比べて濃度の高いものを使うことができます。そのかわり、価格的には断然皮膚科のが高くなってきますので、そのあたりがどちらにするかの判断材料となりそうですね。